一般社団法人スポットワーク協会


お問合せ

お知らせ

設立総会ならびに記者発表会を開催いたしました。
2022年2月17日

働く人と雇用主をマッチングするプラットフォーマーの事業者5社が2月17日、「スポットワーカーとして働く人の保護」、「スポットワーカーを利用する企業の保護」、「スポットワークの求人情報提供事業者の適正化」を目的として設立した一般社団法人スポットワーク協会(以下「スポットワーク協会」https://www.jaswa.or.jp )の設立を発表いたしました。


[写真]スポットワーク協会の理事・監事

■スポットワーク協会とは
働く人と雇用主をマッチングするスポットワーク募集情報提供事業者5社が、「スポットワーカーとして働く人の保護」、「スポットワーカーを利用する企業の保護」、「スポットワークの求人情報提供事業者の適正化」を目的として設立した一般社団法人。短時間・単発の自由で効率的な働き方のニーズが高まる中、事業者と有識者で一体となり「就労環境の保全」と「健全な市場成長」を目指す。

■設立総会で理事・監事を選任
2月17日に開かれた設立総会ならびに理事会では、代表理事に株式会社ツナググループ・ホールディングス代表取締役の米田光宏が選出されたほか、理事には東洋大学名誉教授の鎌田耕一氏、LINE(株)HR サービス事業部長の上土達哉氏、シェアフル(株)代表取締役社長の大友潤氏、HR ソリューションズ(株)代表取締役社長の武井繁氏が選任され、監事には弁護士の中野雅之氏が選任されました。

■記者発表会での代表理事米田光宏のコメント
コロナ前に300万人弱だったスポットワーカーは、2025年には500万人を超える見通しです。スポットワークには、短期の雇用契約を結ぶ「雇用型」と、雇用契約を結ばない「業務委託型」に大別されますが、当スポットワーク協会は、まずは「雇用型」の問題解決に優先的に取り組み、将来的にはギグワークと呼ばれる「業務委託型」の課題解決なども視野に入れていきます。私たち求人情報提供事業者が自らプラットフォーマーの適正化を進め、健全な市場形成が実現できるよう、業界全体の品質向上を目指してまいります。

TOPへ